読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうやって暮らしてゆこう

アーストレーニング・陸上競技(マスターズ陸上)・ロードバイク・エストレヤ・旅・柴犬

思い出のロードバイク

ロードバイク

17歳からロードバイクに乗り始めて20年が経った。

最初の一台目は、沼津の老舗「プロショップナカムラ」さんで購入した約20万のパナソニックのクロモリオーダーだった。カラーはオレンジとブラウンの超しぶめ。アラヤのリムに14番スポークでガチガチかつしなやかに組まれたホイール。フロント52×42のスプロケが12-23という鬼ギヤ比。コンポはシマノ600。当時のロードバイクの代表的なスペックだったと思う。これにはじめてのビンディングペダル(SPD)という無茶な仕様だった。

納車日(忘れもしない1月7日)に早速箱根に登りに行ったのを思い出す。あまりのギヤ比の重さに確か6km/hくらいのスピードしか出せなかったと思う。当時は陸上部で100mや走幅跳をしていたので瞬間的な脚力には自信があったけど、持久力はあまりなかった。この拷問のような重いギヤ比で箱根の13kmの登りはまさに地獄だった。2時間かけてようやく箱根峠にたどり着いた時は、汗でフレームがびちょびちょだった。脚はガクガク、腕はビクビク、背中とおしりの激痛、そしてハムがつってこけたりと、峠で30分ほど動けなかった。

しかし季節は冬。箱根峠の気温は1℃程度。汗でからだが冷えだした。ヤバいと思って下りに入ったが、時すでに遅し。手がかじかんでブレーキできない。背中が固まって体重移動ができない。路面が微妙に凍っていてつるつるする。怖い。。。

 

あれから20年。

 

バイクはアルミを経てカーボンとなった。週末ともなればロードバイクに乗る方とすれ違うようになった。しかもいいウェアでビシッと決めている方から、カジュアルに着こなしている方まで。レースも増えた。全国あちこちでいろんなイベントがある。こんなこと想像できなかった。20年前は。。。

今もこうして環境がととのってきたことに感謝したい。これからもマイペースでたのしくやっていきたいな。