そうやって暮らしてゆこう

アーストレーニング・陸上競技(マスターズ陸上)・ロードバイク・エストレヤ・旅・柴犬

そして、坂ダッシュ

 坂ダッシュ。。。

 随分と古典的な練習に聞こえる。しかし、この坂ダッシュこそ短距離トレーニングの王様だと言える。これさえやっとけば、とりあえずなんとかなる練習。それが坂ダッシュ。(極めて個人的な経験論であることをご承知ください)

 坂ダッシュのやり方・取り組み方は他の練習でも言えることだが多岐にわたる。急勾配では爆発的パワー、ゆるい勾配を150〜200m走ればスプリント持久力、中程度の勾配で50mのインターバルを短く繰り返せば加速力強化、70〜100mくらいのレペティションで最大スピード強化、おんぶしてダッシュすれば体幹・お尻・ハムストリングス、下りでダッシュすれば最大スピード、などなど。距離とインターバルと負荷を組み合わせることで、目的に対して明確で有効なトレーニングとなる。

 実際のノウハウは選手が自分で探し少しずつ構築するものであるし、指導者はあらゆるパターンを学び目的にあったトレーニングとすることが求められる。やみくもに坂をダッシュしていてもトレーニング当初は記録が伸びるが、その後の伸びが止まってしまう事例はよく聞くところ。

 かくゆう私は、20年以上バカのように坂を走り続けてきたことで感覚的にどのような練習がどのような効果を生むか体で理解している。もちろん、若い20代の頃と今の40代では同じトレーニング内容でも身体に対する効果は同じではない。また、同様の練習内容でも全く目的が異なってしまった練習も多い。常に身体は変化し続けているのだから、当たり前の話でもある。

 また、それらをデータ化し統計処理をし、トレーニング関連の論文と比較することで、客観的な実証を得る作業はかかさない。さらに言えば、未だトレーニングとして未完成であり論文に掲載されていない自分だけのトレーニング?もこっそり持っている(つもり)。いわゆるアスリートのキモともいえる部分である。(あえて偉そうに言わせていただくのである)

 たまに、そういった特殊・特別感のあるトレーニングを耳触りの良いネーミングをつけて偉そうに書いて出版して一儲けする輩がいるが、私のような無名でただの趣味で走っているおっさんの話など誰も聞くはずが無いし、当然エビデンスなんかも無いので、あくまでも戯言レベルなのである。

 とは言え、すでに多くの事例をもとに論文化されたトレーニング内容は汎用性があり一般的には大変有効なトレーニングであっても、最先端(がけっぷち)をゆくおっさんアスリートにとってはその内容だけでは満足することはできない。一般化されたトレーニング内容が順調に効果を示すというのは、あくまでも中級レベルまでである。

 さらに上を目指すアスリートなら、一般化したトレーニングに頼るのではなく、より自分のことをよく知らなくてはならない。そして、日々からだと会話しながらトレーニングを構築してゆく必要がある。こう書いてしまうと至極当たり前の話だが。。。

 坂ダッシュというのは、そんなトレーニング大好き人間でも、未だ答えを見つけることが難しい奥深いトレーニング手段であり、絶大な効果も期待できる最強のツールのひとつでもある。。。と思う。

 なので、あまり深いことを考えずに、フィーリングで坂ダッシュすることが大切であり、やってみてどう感じるか、どうなったかをしっかり自分にフィードバックできる体制を整えておくことが、坂ダッシュとの付き合い方だと思うわけです。

 ずいぶんえらそうなことをつらつらと書いたが、はっきり言ってたいしたことは言っていない。坂ダッシュを愛するすべての人よ永遠なれ!と言いたい。

 坂を見ると「この坂いい坂だなぁ。。。パワートレーニングに最適だな」とか「この坂、とても素敵だなぁ。ロングスプリントの後半対策にちょうどいいわ〜」などニヤニヤできるようになれば一人前です。

f:id:butadorobo:20140621091511j:plain