読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうやって暮らしてゆこう

アーストレーニング・陸上競技(マスターズ陸上)・ロードバイク・エストレヤ・旅・柴犬

そして、坂ダッシュ

陸上競技

坂ダッシュ。。。

これも随分と古典的な練習に聞こえる。しかし、この坂ダッシュこそ短距離トレーニングの王様だと言える。これさえやっとけば、とりあえずなんとかなる練習。それが坂ダッシュ。(極めて個人的な経験論)

その分、やり方・取り組み方は多岐にわたる。急勾配では爆発的パワー、ゆるい勾配を150〜200m走ればスプリント持久力、中程度の勾配で50mのインターバルを短く繰り返せば加速力強化、70〜100mくらいのレペティションで最大スピード強化、おんぶしてダッシュすれば体幹・お尻・ハムストリングス、下りでダッシュすれば最大スピードα、などなど。距離とインターバルと負荷を組み合わせることで、目的に明確で有効なトレーニングとなる。

そのノウハウは選手が自分で探し少しずつ構築しシステム化するものであるし、指導者はあらゆるパターンを学び目的にあったトレーニングとすることが求められる。やみくもに坂をダッシュしていてもトレーニング当初は伸びるが、その後の伸びは期待できない事例はよく聞くところである。

かくゆう私は、20年以上坂を走り続けてきたことで感覚的にどのような練習がどのような効果を生むか体で知っている。また、それらをデータ化し統計処理をすることで、トレーニング関連の論文と比較することで、客観的な実証を得ることもしている。さらに言えば、未だトレーニングとして未完成であり論文に掲載されていない自分だけのトレーニング?も知っている。アスリートのキモともいえる部分である。ここではあえて偉そうに言わせていただくのである。

すでに多くの事例をもとに論文化されたトレーニング内容は汎用性があり一般的には大変有効なトレーニングであっても、最先端をゆくおっさんアスリートにとってはその内容だけでは頂点に立つことはできない。そんな大げさな話では無くとも、自分という被験者に対し、一般化されたトレーニング内容が順調に効果を示すというのは、あくまでも中級レベルまでであり、さらに上を目指すのなら、一般化したトレーニングに頼るのではなく、より自分のことをよく知らなくてはならないということに他ならない。そして、日々からだと会話しながらトレーニングを構築してゆく。こう書いてしまうと至極当たり前の話ですね。

坂ダッシュというのは、そんなトレーニング大好き人間でも、未だ答えを見つけることが難しい奥深いトレーニング手段であり、絶大な効果も期待できる最強のツールのひとつでもあるのです。
あえて大袈裟に言っております。。。

なので、むしろあまり深いことを考えずに、フィーリングで坂ダッシュすることが大切であり、やってみてどう感じるか、どうなったかをしっかり自分のためにフィードバックできる体制を整えておくことが、むしろ健全かつ健康的なな坂ダッシュとの付き合い方だと思う。

えらそうなことをつらつらと書いたが、はっきり言ってたいしたことは言っていない。たぶんそうなのだろうと勝手に思い込んでいるだけだ。正しいとか正しくないとか、エビデンスとか、ここでは問題としない。大切なことは、このままでいい、と思わないでコツコツいろいろ試していく、その積み重ねがどこに向かうのかを愉しんでいる生き方。自分の価値観や美学を信じながらも他人の価値観を尊重する生き方。

坂ダッシュを愛するすべての人よ永遠なれ!

そんなわけで、坂を見ると「この坂いい坂だなぁ。。。パワートレーニングに最適だな」とか「この坂、とても素敵だなぁ。ロングスプリントの後半対策にちょうどいいわ〜」など思ってしまう、ただの坂大好きなおっさんです。

f:id:butadorobo:20140621091511j:plain