そうやって暮らしてゆこう

アースアスレ・陸上競技・ロードバイク・エストレヤ・旅・柴犬

厚底シューズありかも。HOKAに足りない要素。そして、ナイキ・ヴェイパーフライきた

先月、購入したニューバランスのM980という厚底シューズがとても良いです。
「とても良い」というのは、走っていて心地よいという意味です。長時間走っていても、踵・膝・腰にダメージが蓄積されない感覚がありまする

今までは薄いソールのレーシングシューズばかり履いてきました。理由は接地のダイレクト感や、足裏で地面をつかむ感覚を重視していたからです。なぜなら、スピード・タイムという結果を求めていたためです。一応、競技者でしたので。

しかし、ロングディスタンスでは記録を目指すつもりはありません。短距離や跳躍競技では記録のために競技を続けてきましたが、ロングではのんびり走る方が楽しいと感じています。

長距離というのは一歩一歩のダメージは少なくとも、それが積み重なって、気がついた時には慢性的な故障につながる恐ろしいアクティビティだと思います。骨や軟骨、靭帯などが繰り返し負荷によって金属疲労のようにボロボロなってしまう恐れがあります。

それなのに、薄いシューズで長距離も走っていたわけです。結果、膝や足首を痛めてしまっていたらしいです。しまっていた、というのは、リハビリの先生に指摘されて分かったことです。そうなんです、自分で気づかないのです。走出しは多少違和感があったとしても、しばらく走って温まれば違和感逆が消えてしまうと、それがケガのはじまりだと気が付きにくいのです。つまり、自分で明らかにケガをしたと気づいた時にはすでに遅いわけです。とにかく早めに気が付き、対策を考えられて良かったと思います。

ではどんな対策が良いのでしょうか。まずはギヤから考えました。自分のゆっくりランにあったシューズを探すことにしました。その中で考えたのはクッション性です。ただしクッションのきいた厚底シューズは苦手でした。厚底は、足裏感覚や足裏のアーチが使えないというデメリットが大きく、それは走りのタイミングが変わってしまうデメリットの方が大きいです。走りのタイミングは、腕振りや体幹のバランス、背骨のアーチ、反発、各関節の連動性、頭の位置、脛骨に乗る感覚、股関節伸展と膝のロッキングのタイミングなどなど、数え上げたら切りがない多様な要素です。フォームなんて一言で片づけてしまう代物ではありません。厚底シューズはつまり走っていて気持ち悪いシューズというのが自分の感想でした。

ところが、このニューバランスのM980というシューズは走っていてとても心地よいのです。はだしで芝生を走っているに近い感触で、どこまでも走っていたくなります。よくよく裏を見てみると、シューズの底の素材は均一素材でフラットです。とてもシンプルなつくりです。そういえば普段履いているターサージャパンも単一素材でフラットな底をしています。

まず一つ言えるのが、シューズは底が薄くても厚くても、シンプルなつくりが自分の足に合っているというとです。シンプルの極限ははだしですが、現代においてはハダシはあぶないです。ハダシは土や草の上を走っていたころの話だと思います。現代では地面がコンクリートアスファルトです。足はこれらの硬い人工物を走るように設計されていないし、進化していません。足底を守るためにシューズが存在しているのだと思います。それがバランスをとるいうことだと思っています。

話を戻して、厚底シューズっていいかもなぁ。。。という思いで、HOKAというメーカーのスティンソンというモデルも買ってみました。トレイルシューズとして最近(知っている人は当然前から知っているけど、私は知らない)注目度が高いメーカーらしいです。底の厚さはなんと35mmくらいあります。完全に厚底ブーツの世界じゃないか。。。と、思いましたが、走ってみたらまったく問題ないです。足裏のアーチの機能を使うことができ、シューズの中をはだしで走っている感覚でした。そして、登りもふくらはぎに負担がかからずスイスイ走れる。下りは安定性が高くグリップも良いです。厚底による不安定さからくる足首の捻挫の不安もありません。ふかふかのトレイルで走ると、さらにふかふかになってしまいますが不思議と前にしっかり進みます。クッションによる時間差も限りなく小さく、身体エネルギーを地球に対してダイレクト伝える感覚と、その反力をもらえる感覚にズレが少ないです。厚底でも、設計思想が人間に備わっている機能側に立っていれば、こんないいものが作れるってことでしょう。

一方で「そんな底が厚いシューズは初心者向けでスピードは出ない」という人もいますが、3分00秒〜3分20秒/kmくらいのペースで走る必要がない限り、これで十分だと思います。現に4分/km程度なら20km程度走っても全く問題ありませんでした。逆に3分/km程度で走るにはこのシューズに足りない要素は、接地のスムーズな重心移動を促すソール形状の見直し、軽量化、足首あたりの靴擦れの問題、母指球あたりの剛性などでしょうか。

そもそもプライオリティ1は接地ダメージの軽減でした。このシューズはダメージも軽減されて、なおかつ4分~3分30秒/km程度で走れるこのシューズは、自分の価値観を壊してくれるとても良いアイテムです。

そんな、食わず嫌いをまた一つ克服できたことで、新たに心地よいものを見つけられてとても良かったと思います。とりあえず、クッションが薄い今までのシューズと、このぶ厚いシューズたちをうまく組み合わせて、2月までトレイルやロングジョグを楽しみたいと思います。

 

追記

HOKAは約300kmくらい走って、膝と腰を痛めてやめました。やはりクッションが強すぎると、本来のタイミングで筋力を発揮できないため、神経系のズレ・筋収縮のタイミングのズレが少しずつ身体に蓄積されてくるようです。身体が調和振動子の一種として最低エネルギー状態でコスパが良い動きをしたくても、クッションが効きすぎたシューズの一箇所が調和された固有振動数を乱すことが分かってきました。これに対応する神経システムを構築すると、今度は薄いシューズでケガをする可能性が出てきます。なんでもほどほどが良いのだろうと思いました。ほどほどではほどほどの効果しか出ない、とは誰かの言葉ですが、私はプロでもなんでもないので「ほどほど」で楽しめればいいと再確認できました。というわけで、HOKAは、たまの息抜きウォーキングや軽いジョグで使っていこうと思います。

3月からは陸上競技です。

 

追追記

やはり出ましたね。厚底シューズのナイキ・ズームヴェイパーフライ。厚底でもシューズの中に高反発素材を入れて、地面反力をダイレクトに推進力へと変換するコンセプトですね。速く走る要素の中で、足のアーチとふくらはぎのバネはとても重要です。フォームがめちゃくちゃでも、足裏アーチとふくらはぎのバネを利用すると、はっきり言って速く走れます。もちろん、長い距離を走るには効率の良いフォームの方が良いのは当たり前です。そういえば、足裏アーチとふくらはぎのバネがきいた、力強いランニングフォームって、強い海外の選手に多いですね。これに効率が加われば、素晴らしい結果が出そうです。

と思っていたら、東京マラソン設楽悠太選手によって日本最高記録出ました。もちろんシューズのおかげとは言いません。選手の努力のたまものです。ですが、このシューズを選んだことが、彼の中で何か打破したいものがあったということでしょう。フォームも箱根駅伝の時より、若干前傾していたように感じます。

自分はこういう新しいモノは試してチャレンジしたくなる性分です。

私はナイキの広報じゃありませんが、買ったらレビューしようと思います。

(2018.2.28記)

 

f:id:butadorobo:20141212164303j:plain

ニューバランス M980  ぼよ〜んとジャンプ

 

f:id:butadorobo:20141212164323j:plain

HOKA スティンソン   箱根大涌谷にて