読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうやって暮らしてゆこう

アーストレーニング・陸上競技(マスターズ陸上)・ロードバイク・エストレヤ・旅・柴犬

いつか自己満足したいなぁ

大学生じゃあるまいし、こんなことで悩んでいるわけではないけれど。。。

知識は無いがアイデア・発想力に優れた資質をもっている会社の若手が、とある先輩から「お前のやっていることは自己満足だ!」と言われて、へこんでしまった。うちはものづくりの会社だから、どんなに良いアイデアでもお客さんのニーズにあっていないものはただの自己満足でしかない、という意味。

確かにその通りだ。アーティストのように自分がつくりたいモノを制作するのとは違う。あくまでもお客さんの要望にどれだけ応えられるか、いやそれ以上のモノを提供できるかが、ものづくりの会社としての価値がある。

で、よく言われるように「人に満足してもらうことが自分にとって満足、という自己満足」でいいわけだ。

基本的に誰のためであっても、結果的に自分が満足するために仕事なりなんなりを行うわけだから、根本的には「自己満足」のために人は生きている。このような話はオトナになれば理解できるコトであり、どこかに妥協点を見つけていつまでも悩むものではない、と思っている。

そして、ふと思った。自分は未だかって自己満足したことが無いんじゃないかと。ましてや人の評価で驕ることもない。例え良い評価をしてもらえても、自分がこの程度で評価してもらうのは申し訳ないと思ってしまう。

自分に妥協ができないわけでもない。妥協だらけのいい加減、適当が心情。

あれ? 自己満足の塊じゃないか!!
まったくめんどくさい生き物だよなぁ。。。