読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうやって暮らしてゆこう

アーストレーニング・陸上競技(マスターズ陸上)・ロードバイク・エストレヤ・旅・柴犬

全日本マスターズ陸上にエントリーしてみた

今年で39歳になった。マスターズのカテゴリーでいえばM35ラストの歳。35歳と同じスタートラインにつける最後の歳。

陸上競技やってて良かったと思うのは、どんな選手でもスタートラインでは一緒というところ。ハンデなんかない。身長が高い方が有利な種目でも、スタートラインにつけばみな同じ。権利は平等、結果はそれぞれ。好きだなぁ、こういうの。

種目は100m、400mの2種目。

本来は十種競技や二十種競技に出場したいところだけど、今回の大会は単独種目しかない。無いので諦めて、土曜の午前・午後に行う種目から選んだ。とくに得意という種目ではないけど、エントリーしたからにはできる限りの準備をして望もうと思う。

目標は立てない主義。優勝目指すのは当りまえだから。目指す目標が高ければ、それだけ準備も考えるし、スケジュールから練習、コンディショニング、栄養管理などのマネジメントをしっかりする。簡単に実現できそうな目標だと、準備も適当でいいわけだ。それだけやれば、結果として優勝できなくてもいい。それなりにやった分だけ、悔しい思いはあるけど、悔しいってことは全力を出せた証拠。次に向かって走り出せる。

それに、競技である以上、みんなでてっぺんを目指すことに価値が生まれるわけだから。そんなわけで、やれるだけのことはやるつもりだ。参加賞でいいなら、記録や順位なんていらないし。

いつもは近所や近場の山をタイムや距離をとらずに適当に走っている自分も、たったひとつ陸上競技だけは常に一番を目指すことにしている。それがバランスというのかも。適当に走るのもよし、記録を目指すのもよし。

大会は10月。あと2ヶ月足らず。

あらせずやれることをシンプルにやっていこうと思う。