そうやって暮らしてゆこう

アーストレーニング・陸上競技(マスターズ陸上)・ロードバイク・エストレヤ・旅・柴犬

【Result】石川マスターズ陸上混成競技会 2017.7.30

f:id:butadorobo:20170731201307p:plain

 左ハムの肉離れは80%程度の回復。悪化しないよう出力を十分に抑えて競技を行った。気温34℃の暑い中だったけど、それなりにそれなりの結果だった。水分はいつにもまして摂取していた。やや熱中症だった。

走幅跳は助走スピードが上がらない。踏切で抑制され十分に踏切ができない。地面からの反発が、膝で逃げてしまっていた。軸を通すことができなかった。

やりは右にぬけるクセが出た。体の前で投げるようにしたい。

200mは前半のイメージは良かったが、スピードを上げられないため80m以降の伸びは諦めた。残り50mでチカラを抜いて流したが、ブレーキがかかったフロートだった。もっと上から地面を捉えたかった。

円盤は消極的になり回転しきれないため、右に逃げてしまった。2本のファール後になんとか記録を残した。腰がひけて全く評価できない投擲だった。前半の入りをゆっくり、一歩目をつくときしっかり確認して慌てないことが大切だと思った。

1500mは十分にアップしたにもかかわらず前半を抑えてしまった。ラスト1週でペースを上げ、5分は切ることができた。ラスト400m以上ハイスピードで走りきれたことが、以外だったかもしれないし、当然だったとも言える内容だった。

反省が多い競技内容だったけど、いつもどおり楽しかった。