そうやって暮らしてゆこう

陸上競技・ロードバイク・エストレヤ・旅・柴犬・FLOW

春の南伊豆トレーニング

南伊豆の楽しみ方のお話です。

まず、7時に家を出ます。車で2時間、南伊豆弓ヶ浜に到着します。

浜ウォーク、浜ジョグ、浜ダッシュ、補強などみっちり3時間ほどトレーニングすれば、からだがとても浜に馴染んできます。浜になじむというには、浜に逆らわない動きということです。

浜トレは何も考えずに身体と自然との融合が目的です。ただ自然に身を任せ、自然から教えてもらうだけです。そうすれば勝手にからだは動かされます。ただ、そういう状態をあからさまに目指すとまた話が違います。自然は意識した時点で自然ではありませんから。禅問答みたいです。

つまりは夢中になって遊んでいるうちに、あっという間に時間が経ってしまった状態のことを言うのだと思います。考えれば誰でもごく普通に体験していることです。

夢中になって心とからだが満足したところで、浜に隣接する南伊豆休暇村の温泉で汗を流します。12時30分から一般客の利用(800円)ができます。少し熱めの露天風呂と海からのまだ冷たい潮風がとても気持ち良いです。

温泉後の13時30分、青木サザエ店でいつものの「まかない丼」を注文します。ややぶっきらぼうな店員さんたちですが、いちいち気にしてはいけません。ここでは店員も客も誰もが平等です。5分程待てば、ボリュームたっぷりのアツアツまかない丼がやってきます。いい匂いです。一気にかきこみます。味わうより、勢いで食べる方がどんぶりのおいしさを何倍にもしてくれます。

14時過ぎ、弓ヶ浜にさよならをします。帰路につくとすぐに菜の花畑に遭遇します。ちょっと見ていくことにしました。菜の花の香りは春の香りの一つです。香りは記憶です。いつかの思い出が蘇ります。

川沿いの桜はもう少しのようでした。

f:id:butadorobo:20180317142321j:plain