そうやって暮らしてゆこう

アーストレーニング・陸上競技(マスターズ陸上)・ロードバイク・エストレヤ・旅・柴犬

どうやって暮らしてゆこう。。。

なかなか物騒なタイトルだけど、ほんとどうやって暮らしてゆこうか模索中の日々を過ごしている。

一応会社員なんだけど、はっきり言って全く向いていない。理解不能なルールを理解不能のまま遂行することができないのである。これはつまり一言で言えば「社会不適合者」なのだろう。要領が悪いアホな自分は、目的に対して合理的でないルールづくりの意味を見いだせないばかりか、それに従うことも非常に苦しい性分なのだ。また、問題の原因を深掘りしすぎるため、他の社員とフェーズが合わないのも苦労している。ぼくから見れば浅いところをウロウロしているから、同じような問題ばかり発生しているし、根本的に解決できないのだと思うのだが。。。

そんなことを思っていると、目的に対して非合理的なルールの中で、フェーズの合わない他の社員の仕事をするというのは、ほぼ拷問に近い。いや拷問であると断言しよう。

一方、法律に対しては非常に素直に従う。法律が合理的でかつ誰にでも平等とまでいかないが、成立には民主的な手続きが必要だし、まぁ変な法律があったとしても、この国に所属している限りそれを守るのが義務ってもんだと理解しているから。じゃあ、会社も理不尽だろうが、非合理的であったとしても、無駄なことだと分かっていても、割り切って従えばいいのだけど。。。

会社は自分の目的を達成するためのフィールドだと考えている。会社は自分の目的のために存在しているのであって、会社のために仕事をしているわけではない。だから、自分の目的と会社の目的が一致していなかったら、そもそもその会社にいる必要はなくなる。会社側からしてもそうだろう。たとえ会社と自分の目的が一致していても、やり方が外部から評価をもらえないのであれば、その会社内だけでしか通用しないものになってしまい、個人のキャリアには繋がらい。

そういうわけで、僕は常に外部に発表しても恥ずかしくない論理的思考による説明や報告書を書き、外部に対して胸を晴れるような特許や論文を書こうと動いている。そのためには、科学的手法に基づいた、事実の積み重ねによる丁寧な実験が必要だし、そこには非常に合理的なロジカルが必要になってくる。仮説を立て実験や検証を行い事実を積み重ねる手法を丁寧に行いたい。

だが、まぁこの会社では無理なことはわかっている。逆にそんな理解ある会社はそうないだろう。やはり会社は結果主義なのである。プロセスより結果。でもプロセスがいいかげんだから問題が発生すればすぐにてんやわんやになってしまう。そしてその繰り返し。たとえ、将来こうなるだろうと警鐘を鳴らしても、声の大きい人間にかき消されるのがオチだ。そして、やっぱりそうなるよね、と呆れることになる。もうこんなサイクル飽き飽きした。

僕は子供の頃から不思議とカンが良くて、このまま進めればあとで起きるだろう問題を感知することができた。人のもめごともそうだし、旅行先で起きること、遊んでいて誰がケガをして大騒ぎになること、数時間後の天気など。おとなになってからは、株価や為替の変動、スポーツの試合結果、数日以内に車をぶつける人、事故をおこす日などがなんとなく分かった。こういうことは、誰にでもあることだと思うけど、ぼくはそのパワーが突出していた。IQが140あるのも一つの原点かもしれない。

先に起こりそうな問題に対して、声を大にして警鐘を鳴らし、みなを説得することも可能かもしれないけど、そもそも僕は声が大きい人は嫌いだ。それに当たり前だけど全てのカンが当たるわけではないし、プロセスを説明することもできないから、ダメだったときの批判がすごくなってしまう。「お前、よくわからないこと言うなよ」的空気に変わってゆく。そういう環境にいれば、もう発言はやめておこうと思うようになる。あとで問題が発生した時、心の中で「やっぱりね。そりゃそうだよね」と思う人間へと変貌してゆくのだ。まったくもってクズ野郎だと自分で思う。

しかし、過去所属してきた会社や団体では、ぼくの発言はそれなりにみんなに受け入れてもらえた。声がとりわけ大きかったわけでもないし、性格的に威圧的な態度であるはずもない。ただ、自然な感じで自分の思いを伝えれば、周囲の人間が「なるほど、まぁそれもいいね」という感じで取り入れてくれたり、「今回はよそう」とかやんわり拒否されたりと、どちらにせよちゃんと意見を聞いてくれた。一言で言えば、どんな人間の意見も耳を傾けてくれる、優しくて懐の大きい方々であったと思う。

人生の中でそんな人間的にリスペクトできる方々とばかり付き合ってきたので、それが普通の大人なのかと思っていた。しかし、実は今までお世話になってきた方々が特殊だったんだと、ようやく知ったのである。今までずいぶん恵まれていたのだと思った。そんな人間的にリスペクトできる方々とは、今でも交流させてもらっており、ほんとありがたいことだと思う。

自分の未来に希望が持てない現状をうけ、これからどうしようと考えていた。一度きりの人生をこのままつまらいフィールドに身を置き続けることは、この世に生を受けることができた幸運をドブに捨てるようなもんだ。

このままこの会社にいても自分の目的は達成できないし、人生の目的からもだいぶ外れてしまっている。いろいろ考え続け友人やカウンセラーの先生とも相談した。正直、答えは簡単なことなんだけど。。。

簡単なことと、現状の問題(生活するための金銭)を天秤にかけ、とりあえず当面は給与分の仕事をしながら、信頼できる仲間と次のことを始めてゆこうと思う。

これからもワクワクした人生を家族とともにおくるためにも。

全力とリラックスとゆらぎ

「安定した走りですね」「軸がブレないフォームですね」などお褒めの言葉を頂くことが多いけれど、自分の感覚としては安定した軸のぶれないという感覚はほとんどない。

むしろ安定したところを行ったり来たりしている感覚に近い。安定したところに留まるのではなく、ブランコのように行ったりきたりしているとでも言えるのだろうか。

一応、その振り幅は高速で運動するほど小さくなるけども、基本的にはピタッと全くブレないわけではない。でも、客観的にビデオ分析すると高速走行中も低速走行中も上下動が少なく、左右のブレも一般ランナーより小さい。

自分の感覚と客観的事実は異なっているという分かりやすい例だと思うけれど、じゃあその違いというのは何が作用しているのだろう?そんなことをふと考えることがある。

人から「どうやったらブレないフォームで走れるようになりますか?」とか「どういう意識で走ればいいですか?」と質問されても、「いや、適当にふらふら走っているつもりなんだけど。。。」とは流石に言えないシーンがしばしばある。一応、オトナとしてあまり適当なことは言えないし、かといって嘘は言えないし、なかなか難しいといつも思う。

でも、ガチっとフォームを固めようとすると、あちこちにチカラが入りすぎて疲れるのは誰でも体験できることだと思うから、あえて「チカラを目一杯入れて全力で走った後なら、自然にリラックスしてスムースに走れるんじゃない?」とアドバイスさせてもらったりもする。

そうすると大抵の人は疑う(そりゃそうだ)のだけど、たまに「言われたとおりにやってみたら、なるほどそういうことか!と、なんとなく身体の方でわかった気がすます」という意見をおっしゃってくださる方もいて、あながちこんなアドバイスもありなんじゃないかと、思うこともしばしば。

たぶんほとんど人は本当に全力を出し切ることをしたことが無いから、リラックスもできないのだと思う。本当の全力というのがなんなのかは、人それぞれだと思うけど。。。

全力を出せばリラックスもできる。その振り幅が大きいほど魅力的に思う。走るだけじゃなくて、人生は振り幅なのかなと思ったりもする。振り幅が大きすぎると周りは振り回されることが往々にしてあるけど、そんなこと気にしている場合じゃない。

人生は思っている以上に短い。残り半分の人生は全力で全方位へ振り切りたいと思う41歳なのでした。

FBのテンション高い(意識高い系?)投稿を見ていると疲れるのは私だけ?

ブログをやっていたことをすっかり忘れていた。

もちろん、なんでもない日常、子育て、トレーニング関係、旅行などはいつものペースで楽しんでいた。自分は日常に満足していると、自分的情報発信というものに対して億劫になるらしい。そもそも無名な個人の体験情報が、世間にとってどれだけの価値があるのか考えると、まぁほとんど皆無に等しいと思っている。ブログやSNSの存在はあくまでも遠くにいる友人や親戚に「元気でやってますよ」くらいの活用で十分かなと思っていて、それ以上は危険と判断している。

とはいえ、久しぶりにFBなど開いてみけば、まぁみなさん実に活動的。マラソンやサイクルイベントに参加し、仲間達とやたら笑顔をアピールしている写真を見ていると、なんだか引いてしまうのは僕のつまらない性格が起因しているのでしょうか。。。

それでも元気で楽しそうに生きていてくれて何よりと思う。

そんなわけで、わたしも元気でやっております。

運動履歴 8/7〜8/13 @2017

・8/7 ウエイト@沼津体育館

     クリーン 60kg☓10☓3、80kg☓3☓3、100kg☓2☓3、60kg☓5☓2

     スクワット 70kg☓10☓2、110kg☓7☓3+レッグカール30kg☓15 3セット

     リアサイドレイズ 10kg+10kg ☓15☓3

    ※チカラをコントロールすることができてきた。

・8/8 ゆっくりジョグ40分

・8/9 やり投げ30分

     クロス5歩(やり3本分)+助走(おおまた12歩)

    円盤投30分

     ターンの際、左膝にしっかりのる。ゆっくり入って投げ方向へ並進する。

    流し120m☓2

     真下にポンポンと乗るイメージで

    鍼治療(コンドウ先生) 1時間

・8/10 マウンテンバイク・サイクリング のんびり2時間

・8/11 ウエイトトレーニング

     アップ ハムと股関節の柔軟性10分 

     クリーン70kg☓7☓2、90kg☓3☓2、100kg☓2☓2、90kg☓3☓2、70kg☓7☓2

     スクワット120kg☓5+レッグカール30kg☓10  3set

     踏み込みランジ 40kg☓20☓3

     ワイドスクワット 40kg☓10☓2

     フルスクワット 40kg☓10

     軽いドリル 10分

     リアサイドレイズ 11.5kg+11.5kg☓12☓3

・8/12 ジョグ30分

・8/13 休養

 

初動負荷的ウエイトで、股関節伸展筋群がよい感じで筋肉痛。左の坐骨神経痛にも良い感じ。動かさないとどんどん固まるし、動かしすぎると痛めるし、なかなか調整が難しい。なんにしてもちょうど良いという感覚を常に持っていたい。あらかじめ決められた負荷・回数・セットをやることは無意味さを20代の頃から感じていたけど、40代になってますますそれを感じる。自分への虐待ととらえても良いかもしれない。運動が心地よいと感じられる範囲・レベルは人それぞれ。だから、回数やセットなどの客観的な数値ほど虚しく感じてしまう。僕にとっての運動とは内なる感動なのかもしれない。

運動履歴 7/31〜8/6

・7/31 子供陸上教室 コーチ

     芝生で簡単なドリルなど 2時間

・8/1 ジョグ30分(少し速め)

・8/2 ウエイト@沼津体育館

    クリーン60kg☓5 10セット (後半5セットは地面から)

    スクワット系各種とスプリントドリルの組み合わせ 30分

      ※いろいろな刺激が入った

    ランジ系 と レッグカールの組み合わせ 10分

      ※おしりとハムに十分刺激が入った。つる寸前まで。

    やり投げ補強(肩周り中心) 10分

    リアサイドレイズ 10kg+10kg 20回☓3

      ※左ハムのコンディショニングがよくなった。

                      きれいな筋出力(初動負荷的出力)は筋膜炎系に良い感じは、

      経験的にあるけど、今回も同様に感じた。

・8/3 ジョグ30分

・8/4 スプリントドリル30分、円盤投げ15分

・8/5 スプリントドリル30分、ジャンプドリル30分、流し120m☓2

・8/6 ロードバイク(フラットペダル) 箱根往復 のんびりペース

    ウォーク1時間、やり突き刺し15分

 

 久しぶりに乗ったロードバイク。つい箱根を登ってしまったけど、フラットペダルに対してのチカラの使い方がおもしろくて、いつのまにか山頂だった。GAIANT TCRにレーシング5というお散歩仕様だけど、しなやかなホイールのおかげで気持ちよく走れた。下りも路面状況に素直に追随するのでシルキーに安定していた。リムが重いのも大事かなと思った。