読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうやって暮らしてゆこう

アーストレーニング・陸上競技(マスターズ陸上)・ロードバイク・エストレヤ・旅・柴犬

柴の仔犬がやってきた

柴犬

3月5日に柴の仔犬がやってきた。商売する気のない愛犬家であるブリーダーさんより譲っていただいた。2017年1月7日生まれでNANAと名付けた。

臆病さんの割に好奇心が強く、それでいてマイペースという、どこか僕に似ているのは妻の言葉。確かにそんな気がする。

散歩に出かけると(まだ1回目のワクチン摂取のみなので)バックの中からずっと顔を出して外の様子を伺っている。前から顔を出したり、後ろから顔を出したり。電車が通る大きな音にびっくりして、バックの中に頭を引っ込めるときもあるが、すぐに再びそーっと顔出してあたりを見回す。少しなでてやると安心した顔をする。

餌を与えるときも、僕らが先に食べている間、ケージの中で食べたそうにきゅんきゅん音を漏らしているが、決して大きく吠えたりしない。ただ、どうしても食べたいからくーんと声が出てしまう。しつけのために僕らは無視していると、諦めておとなしくなる。というか不貞腐れて寝たふりをする。やっとのことで餌をもらえると分かると、すぐに飛び起きておすわりして待っている。おすわりして待てができないと、餌をもらえないということを覚えたのだ。

他の犬がどうかは知らないけれど、柴犬というのは従順で賢いというのは噂だけでは無いようだ。その後、一瞬でえさをたいらげ、もうちょっとほしいなぁと、ぼくの顔を見て目で訴えてくる。どんなに訴えてももらえないのが分かると、諦めて寝転んでしまう。その後はぐーぐー眠りに落ちる。

なんだか人の子と変わらないんじゃないかと思う。そんなふうにして、NANAの日々の成長がとても楽しいということに僕自身が驚いている。もともと犬が好きではあったけど、育てるのはそれなりに大変かと思っていたが、全く大変という感覚は無くただただ楽しい。それは妻も同様だったようで、まるで人間の子育てと同じだね、とふたりで良く言っている。4月に生まれる我が子のプレ育児なのかもしれないね、と。

f:id:butadorobo:20170321072416j:plain

静かな2月

思考雑感

気が付けばあっという間の2月が過ぎ、いつのまにか3月になっていました。

振り返れば2月は結婚4周年記念として伊豆の吉名温泉「東府や」でのんびりしたことが一番こころに残るできごとでした。

その他の日々はとりたてて特別なことは無く、いつものように判断と決定の仕事をひたすら繰り返し、帰宅後に軽くトレーニングをし、シャワーを浴び食事を作り妻と一緒に一日のできごとを話し合い、寝室でいくばくかの読書で心を落ち着かせ就寝する、というサイクルでした。このサイクルは僕にとっては非常にお気に入りだといえるもので、一般的には大半の人にとって「つまらない」生活に映ると思われます。

僕は元来同じように見えることをコツコツ続けることが好きな性分なので、他人から見て「同じ」ことに見えても、自分にとっては常に新鮮な感覚が存在し好奇心に満ちた対象に映るわけです。

そんな小さな日々の繰り返しが特に際立った2月は、当然ぼくにとっては大変幸せなものでありました。

さて、3月はいろいろありそうです。

2017年1月のあれこれ

思考雑感

正月は家族全員集合。両親は70代後半となったけど、まだまだ元気に農業・ゴルフ・旅行に大忙し。背中はシャキッとしてるし、口も達者、体も動く、病院に全くお世話になってない。とはいえ、いつどうなるかわからない。長生きしてもらうために、食事・運動・生活スタイル・車の運転などの細かい話をした。子の言うことにしっかり耳を傾けてくれるので非常に助かる。ありがたいことです。100までは生きるな、きっと。。。

 

手作りでハードルをつくった。塩ビパイプでひょろ~とした簡単なつくりのもの。そのおかげで、どこでも練習が可能となり、思い立ったら横の公園ですぐ練習できて嬉しい。アイデアがすぐ実践できるね。

 

エストレヤには週1で1時間くらい乗るだけ。寒いので仕方ない。購入して6か月が経ち、ミラーやフロント鉄部に若干錆が浮いていたので、業務用の錆用オイルでふききふした。マンションの駐輪場には一応屋根があるが風が吹けばけっこう雨がふっかける。品質の良いバイクカバーとシーツの2重でカバーしてあるけど、やはり少しずつ錆が発生してしまう。2週間に一度はオイルを塗ったりして対応することで様子をみてみよう。ボディはガラスコーティングのおかげでつやつやを維持。乗り終わったら軽く拭くだけ。そういえば、そろそろ2回目のオイル交換。整備手帳には6000kmごと。ネットや人に聞くと2000~5000kmとまちまち。乗り方の問題なので「オイルの劣化具合」は人それぞれ。とりあえず一度バイク屋さんに状況を確認してもらうことにしよう。長く楽しく安全に乗りたいものです。

 

そんな普通の最近事情。備忘録でした。

 

3月の大邸は寒いよねぇ

陸上競技

今シーズンの陸上競技は終わりました。

春にはヘルシンキまで行って室内14種競技の国際試合に出たし、夏は金沢で十種競技、秋は岡山の津山で五種競技、と旅行続きでお金もなかなか飛びましたが、よい経験と思い出と仲間ができました。そして、また来年に向けコツコツやっていこうという気持ちが湧いている自分がなんとも不思議です。

じゃあ来年はどんなプランにしようかと考えていたら、知り合いから「2017年3月に韓国の大邸で世界マスターズ室内陸上があるよ。室内五種あるよ」というお知らせがきたので、室内五種って何があるの?と聞くと、これまたなかなかテクニカルな種目ばかり。

 ①60mH、②走幅跳、③砲丸投、④走高跳、⑤1000m。

1000mって、、、一周200mの室内バンク競技場だから5周すればいいのか。1500mじゃないんだね。全体的にバネ系とパワー計種目が多いです。これはしっかり対策する必要がありますが、楽しめそうです。最近、ロングばかりやっていたので、スプリントパワーが落ちていました。リフレッシュにもちょうどいいと思います。

さて、日本マスターズ陸上のサイトには3プランの参加ツアーが提案されています。私の出場を考えるとBプランで3泊4日で価格は10万くらい。ホテルはクラウンハーバーホテル釜山で一泊8,000〜9,000円。

対して自分の概算では、JALで成田⇔釜山 往復27,000円、釜山から東大邸駅までリムジンバス往復約1,400円☓2日=2,800円、東大邸から競技場までタクシーで往復1,000円☓2日=2,000、ホテルは4つ星で3泊40,000万、計約73,000円。ツアーと同レベルのホテルにすれば6万ちょっとで行けそうです。10万あれば食事からおみやげまで買えそうです。

さて、今年の冬も楽しくトレーニングできそうです。

エストレヤ購入して3ヶ月

エストレヤ

やっと2000km。

7月に納車して、8月は旅行、9月は雨模様。ぜんぜん乗れないのですが、少しずつ慣れてきました。とくにカーブ。最初は道なりにただすーーと曲がっているだけ。メリハリというか体重移動も無く、直線と同じ感覚。こりゃダメだ、つまらん、なにか違うということに気がついて、ネット動画でいろいろ調べたところ、やはりしっかりとした体重移動が大事だと分かる。あたりまえだといえば当たり前だけど、ひとりで走っているのでアドバイスされるわけじゃないので、気がつかないものです。

動画でいろいろなインストラクターさんたちが言うことをまとめると、カーブの曲がり方は基本的にはロードバイクと同様で、コーナー入り口までの減速と曲がり初めの体重移動。道なりにトレースするのではなく、前半ですっと倒して、後半加速のリズム。後半加速ってのはロードバイクでは遅れがちだけど、バイクは少し早い立ち上がりができるわけです。まぁ、原動機がついているから当たり前なんですが。

連続カーブはスキーのダウンヒルと同じ要領で、体重を抜く技術を使うと車体がスムースに左右に反転してゆくことを発見。エストレヤが速く走るバイクではないので、もちろん攻めたり、バンクをとりすぎることは無いけど、なめらかにすむーすにリズムよくバイクとともに左右に前後(少しね)に体重移動させることができるようになってきて(当初より)、これが操る楽しみだと感動している次第です。

このあたりから調子に乗ってこけると思うので、ベテランさんのアドバイスをもらおうと思っています。あとスクールに通おうかなと。

 

【整備履歴】

第1回オイル交換(フィルタ交換) 980km  カワサキ純正オイル  ショップにて

Record of Track&Field 2016.9.11 @津山

陸上競技

f:id:butadorobo:20160922074115p:plain

このところ陸上競技の試合によく出ている。ケガがほぼ完治したことが一番の要因だが、とにかく走れること、おもいっきり投げられることがとても楽しい。こころから嬉しい。記録ってなんなんだ?って思えるくらい。

身体が少しずつ言うことをきかなくなってくることを素直に受け入れ、今できる最善の方法を模索し研究し実践する。そんなひとつひとつのシンプルな積み重ねが、人生そのもののような気がしている。大げさかもしれないけど、これが自分にとって幸せのひとつだと実感している。

マスターズ陸上の選手の中には記録至上主義の方は比較的多い。一種目が終えるたびに、記録や得点とにらめっこして「ダメダー」「あ〜」と。負の声が聞こえて来る。個人の楽しみ方に言及するつもりはない。これも楽しみの一つではあるが、他人を巻き込むことは少しご遠慮頂きたいと思う。それぞれがそれぞれの思い、価値観で試合を楽しんでいるのだから、記録を求めているわけではない人(自分)にアドバイスはとくにいらないんだな。親切心なのは分かるので、素直に受け入れるが、試合のときにだけ競技場に来てスパイクを履くような運動会人間にはもったいない言葉。次の試合までにたぶん練習しないから、向上は期待できない。というか向上心が無い。目標はケガをしないで長く走り続けられる身体づくり。専門的な動きは、身体にとって不自然な動きになりやすい。だから選手たちはアチコチ痛めている。痛めている原因は明らかなのだが。。。

これからもケガに気をつけて、無理をしないで自分の身体と向き合っていこうと思う。

以上で今年の陸上シーズンは終わり。はじめてケガが無い状態で終われた。今年の冬は、こどもの頃のようにおもいっきり走れると思うと、とてもワクワクする。

Record of Track&Field 2016.7.30〜31 @石川

陸上競技

f:id:butadorobo:20160804065957p:plain

年一回のマスターズ陸上の試合に行ってきた。よく考えれば、ほとんどの大会は年に1回だから、全国だろうが市だろうが同じことだ。夏の金沢はとにかく暑かった。

今回の大会に対してはハムストリングスのケガのため全く準備ができておらず、この1ヶ月は一切走れず、週1の軽い筋トレとウォーキングのみの練習だった。身体はよりフラットになり、ナチュラルな状態で試合に望めた。その結果はなかなかおもしろいもので興味深い。やはりスプリント・跳躍系が得意であることが分かる。走らなければ400m、1500mは遅くなるのもそのままだった。投げは技術的に手応えを感じたが、純粋なパワー不足を感じた。

自分の方向性が良く分かる結果となりとても有意義なイベントだった。

次は9月、岡山で5種競技。